HF/#1 Vol.8 | Jul 9, 2013

未来へ向かって

AK

Text: Miwa Tei / Photo: Atsuko Tanaka / Cover Design: Kenzi Gong

際立った能力と貪欲な野心で人生をクリエイトする人を追い続けるHIGHFLYERS。Vol.01は、日本からNY、そしてNYから世界に羽ばたいたジャパニーズディーバAKさんの登場です。ダイレクトに人の心を動かす音楽を表現し続ける彼女の存在感はワンアンドオンリー。アーティスト活動と並行して、現在は夢を持つ子供たちや個人、企業を支援する「I FOR DREAM」をNYで設立。高い視野と広い心にもとづく活動は、多くの共感と感動を呼んでいます。“行動の人”AKさんが歩んできた夢の軌跡と、自身で拓く未来とは?!モチベーションの高い、その生き方に迫ります。
PROFILE
AK

シンガー/ソングライター/プロデューサーAK

日本からNY、そしてNYから世界に羽ばたいたジャパニーズディーバAK。14枚のオリジナルアルバム、シンガーへの楽曲提供、プロデュースなど、200曲以上にもなるリリースを経て、現在NYで活動中。ジャズ、映画音楽、クロスオーバーなどを聴き育ち、8才から曲を書き始める。ポリスターから柿原朱美としてデビュー。同時に今井美樹など他のシンガーにも曲を提供。1998年EMI Japanに移籍。アーティスト名を”AK”とし、セルフプロデュースアルバム “YES”、 “DREAMIN” 、“LOVE”、 “AK TRILOGY”をリリース。“AK TRILOGY”は台湾でもアルバムチャート1位に輝く。2001年より活動の拠点をNYに移し、Francois K & Eric Kupperにより”Say That You Love Me”がリミックスされ、NYの King Street Soundsより全米デビューシングルとしてリリースされ、世界中のチャ-トで堂々の1位を数多く獲得。以来、全米と日本からリリースを続け、それぞれがトップチャートに昇る。2008年世界的レジェンドDJのDanny Krivitと結婚、コラボレーション作品も多数。2010年夏にEMI JapanからリリースされたAKの最新アルバム、初のダンスコレクションアルバム、”SAY THAT YOU LOVE ME - Best of NY Sweet Electro’が、iTunes Japanで見事、シングル、アルバム共に、ダンスチャート1位に輝く。2013年4月にスタートしたNHK の新番組“キッチンがゆく”の主題歌“奇跡はここにある”の作詞、作曲、プロデュースを手がける。東日本大震災後、NYで日本支援を様々な形で継続。 TOGETHER FOR 3.11代表。被災地を数度訪問し、15箇所以上の子供コンサートを行う。2013年春、子供達の夢を育てるI FOR DREAMを設立。

未来へ向かって

 AKさんの中で、今か今かと実現を待っている、まだ叶っていなくて叶えようとしている夢は何でしょう?

フフ、それは秘密です(笑)。でも、一番近い夢としては次のアルバムの完成かな。

 それは“仕事の目標”ではなく“次の夢”?

そう、紛れも無く夢ですよ。というのもね、「夢のプランの仕方がわからない」と相談を受ける度に、私は「アナタは今夜何が食べたい?」と訊くようにしているの。例えばその人が「海老パスタが食べたい」って答えたとして、じゃっ、具材を買ってきて自分で作るの?それとも美味しいレストランを調べて足を運ぶの・・・・・・?先ほどの、家を建てるためには設計図が無いと始まらないというのと一緒で、目的を達成するには、やるべき細かいことが沢山ある。海老パスタを食べたいことは、到底夢とは思えないかもしれないけれど、実はそうじゃない。コレがやりたい、アレがあったら面白い!ということが日常の身近なところにあればあるほど、それをひとつずつ達成してゆくことで夢に近づいてゆくのではないでしょうか。

 AKさん流、成功を呼び寄せる鍵は?

地位や名誉ではなく、心が豊かで満たされる方の成功という意味でね。心が豊かで満たされた人生を送る鍵は、人を好きになること。どんどん愛すること。家族、友達、恋人、世の中を、自分の好きなものだらけにしてゆくこと。そして、愛する人たちとコミュニケーションを続けてゆくこと。コミュニケーションこそが、人との繋がりや縁を広げてゆくものだから。

 人や物事に対して、常にオープンでフレキシブルな姿勢に感化されます。

今、私はNYに移住して12年目になりますが、日本にいてはありえないと思うことが、海外ではありえるんです (笑)。これは20代から続けているひとり旅でも気づかされたこと。この地球は、宇宙からすれば小さな星にしかすぎないけれど、その中には信じられないくらい様々な考え方と文化、感じ方があるわけで。その違いを受け入れられる、違いを面白いといえる自分になればどんな環境にもマッチできるし人生は奥深いものになる。人生は短い。だからこそ、これだけ色々な価値観が世界にあるのなら、オープンにフレキシブルに吸収してゆかないともったいないですよね。

 最後に、今、この瞬間も、夢に向かって貪欲に実行・行動し続ける“Highflyers”に、メッセージをお願いします。

今、アナタの目の前にあるもの、自分の周りにあるものを見つめ直してみて下さい。街、ビル、車、家具や家電、洋服、音楽、アート・・・・・・。ありとあらゆるもの、それは人間の歴史も含めて、全ては誰かのアイディアがカタチになったもの。「コレがあったらいいのに」と思った誰かが実行し、行動を起こしたからそれらは実在しているんです。そう考えると面白いですよ。「コレがあったらいいのに」「アレみたいなことしてみたい」と、自分が思いついたことって、誰かが既にやっているかもしれないし、やっていないかもしれない。また、既にあるものでも、今やってみると別の何かが生まれるかもしれない。どんなものでも、自分がやりたい、カタチにしたいと思っているアイディアからは、間違いなくすごいモノが生まれます。だから、決して諦めないで、考え抜いて、実行を続けて下さい。何かを夢中になって創れば、必ず素晴らしい作品をクリエイトできるはずです。アナタの夢に、私も心を重ねています。

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 

ARCHIVES