HF/#1 Vol.4 | Jul 9, 2013

道を創る生き方

AK

Text: Miwa Tei / Photo: Atsuko Tanaka / Cover Design: Kenzi Gong

際立った能力と貪欲な野心で人生をクリエイトする人を追い続けるHIGHFLYERS。Vol.01は、日本からNY、そしてNYから世界に羽ばたいたジャパニーズディーバAKさんの登場です。ダイレクトに人の心を動かす音楽を表現し続ける彼女の存在感はワンアンドオンリー。アーティスト活動と並行して、現在は夢を持つ子供たちや個人、企業を支援する「I FOR DREAM」をNYで設立。高い視野と広い心にもとづく活動は、多くの共感と感動を呼んでいます。“行動の人”AKさんが歩んできた夢の軌跡と、自身で拓く未来とは?!モチベーションの高い、その生き方に迫ります。
PROFILE
AK

シンガー/ソングライター/プロデューサーAK

日本からNY、そしてNYから世界に羽ばたいたジャパニーズディーバAK。14枚のオリジナルアルバム、シンガーへの楽曲提供、プロデュースなど、200曲以上にもなるリリースを経て、現在NYで活動中。ジャズ、映画音楽、クロスオーバーなどを聴き育ち、8才から曲を書き始める。ポリスターから柿原朱美としてデビュー。同時に今井美樹など他のシンガーにも曲を提供。1998年EMI Japanに移籍。アーティスト名を”AK”とし、セルフプロデュースアルバム “YES”、 “DREAMIN” 、“LOVE”、 “AK TRILOGY”をリリース。“AK TRILOGY”は台湾でもアルバムチャート1位に輝く。2001年より活動の拠点をNYに移し、Francois K & Eric Kupperにより”Say That You Love Me”がリミックスされ、NYの King Street Soundsより全米デビューシングルとしてリリースされ、世界中のチャ-トで堂々の1位を数多く獲得。以来、全米と日本からリリースを続け、それぞれがトップチャートに昇る。2008年世界的レジェンドDJのDanny Krivitと結婚、コラボレーション作品も多数。2010年夏にEMI JapanからリリースされたAKの最新アルバム、初のダンスコレクションアルバム、”SAY THAT YOU LOVE ME - Best of NY Sweet Electro’が、iTunes Japanで見事、シングル、アルバム共に、ダンスチャート1位に輝く。2013年4月にスタートしたNHK の新番組“キッチンがゆく”の主題歌“奇跡はここにある”の作詞、作曲、プロデュースを手がける。東日本大震災後、NYで日本支援を様々な形で継続。 TOGETHER FOR 3.11代表。被災地を数度訪問し、15箇所以上の子供コンサートを行う。2013年春、子供達の夢を育てるI FOR DREAMを設立。

道を創る生き方

 再び音楽業界に戻るきっかけとなったストーリーを教えて下さい。

音楽業界と距離を置いた後も、私が曲を書き溜めていることを知っている音楽・テレビ業界の方々から再デビューのお話を頂くことは度々ありました。でも、「音楽を愛しているからこそ、自分のスタイルを変えてまでやりたくない」という私の気持ちは変わらない。でもある時、「どうしても君の楽曲を聴かせたい、歌わせたい女性シンガーがいるのだけど聴かせていいかな?」というリクエストがあって。「その方が本心から歌いたいと思うなら、どうぞ。但し、その方のために書き換えるというのはやりません」という条件で承諾したことがありました。その女性シンガーは、私の曲の世界観に感動してくれて、私が作った曲をこれからも歌いたいと言ってくれた。そうして引き合わされたのが、まだデビューしたての今井美樹さん。美樹さんが大切に歌ってくれた私の曲がヒットすると、連鎖するように楽曲提供の依頼が続出し、これまでとは違う、新しい風が吹いてきたんです。

 今井美樹さんはもとより、原田知世さんや南野陽子さん・・・・・・。多くのシンガーへの楽曲提供やプロデュースは200曲以上!自分のために書き溜めていた曲が、違うアーティストの存在を通し、世に出ていったのですね。

同時に、柿原朱美のスタイルを変えずに一緒に作品を作ってゆけるレコード会社をあたってくれるプロデューサーの方もいらして。

結果数社から契約依頼がありました。何とその中には、かつて私から契約を途中破棄したポリスターからのオファーも。私の創作スタンスを優先させるという条件で双方で歩み寄り、心機一転。ポリスターから再デビューすることになりました。そこから7年間在籍し、計9枚のアルバムをリリースしました。

 再デビューまでの経緯で体得したことはありますか?

再デビュー契約をするにあたって、ある方から言われた言葉は、今も私の心の羅針盤になっています。それは「貴女のような才能を持った人はいっぱいいる。もっと才能がある人もいっぱいいる。でも、どうして貴女がこうしてアルバムを出せるのか?それは貴女が行動して、曲を書いて、人に聴かせる努力をしているから。たとえ才能があって、シンガーソングライターになりたいと言っていても、アルバムを出せていない人は、夢を語るだけで曲を書いてない、人に聴かせていない、道を作っていないから」という言葉。物事を達成しようとする時、私は、誰かがこれをやってくれるだろう、という思い込みをまず捨てるようにしているんです。誰かから誘ってもらうのを待つよりも、自分から呼び込む。能動的になればなるほど可能性の扉は開くんですよね。

HIGHFLYERS

撮影協力: GERMANO STUDIOS NEW YORK

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 

ARCHIVES