HF/#2 Vol.4 | Sep 8, 2013

高いビジョンと熱いハート

VERBAL

Text: Miwa Tei / Photo: Atsuko Tanaka / Cover Design: Kenzi Gong

HIGHFLYERSとは、際立った能力と貪欲な野心で人生をクリエイトする人達のこと。発信する言葉が、その存在感自体が引きの強いアーティスト・VERBALさんは、まさにHIGHFLYERSの象徴に映ります。m-floのフロントアクターとしての音楽表現と平行して、経営者として“人の生活を向上させる”クリエイションを世に届け、日本と海外の文化を繋ぐ媒介者として行動し続ける姿勢は軽快でポジティブ。また、クリスチャンとしてブレない基軸を持っているからこその心の在り方には、生き方のヒントも。多くの共感を創出し続ける原動力とは?人生の羅針盤とは?カルチャーの発信基地にいるようなご自身のオフィスで語って頂きました。
PROFILE
Verbal

ArtistVERBAL

m-floでの活動の他、独自のコネクションを活かして数多くのアーティストとコラボレーション。超豪華ラップグループTERIYAKI BOYZ®のメンバーとしても活躍しており、Pharrell、Kanye West、will.i.am (BLACK EYED PEAS)など、海外のアーティストとも交流が深い。近年はDJとしても飛躍を遂げ、そのスタイルはファッション界からの注目も熱く、ジュエリーブランド "ANTONIO MURPHY & ASTRO®"、そして "AMBUSH®"のデザインも手掛ける。また、初の映画監督にも挑戦しており、今後もミックスな感性を武器にあらゆるフィールドでの活躍に期待が集まる。新たに立ち上げた KOZM AGENCY の代表として、MADEMOISELLE YULIA を筆頭に様々なアーティスト/プロデューサーのマネージメントも始める。
www.m-flo.com
www.teriyakiboyz.com
www.ambushdesign.com
www.twitter.com/ambushdesign
www.kozm-agency.tv

高いビジョンと熱いハート

 VERBALさんの人と接する態度、それは会話の運びだったり物腰や表情がありますが、全てがジェントルに映ります。普段が良識的ということはすごく大切なことと改めて思えたのですが。

僕が続けてるラップやスケボーなどのHIPHOPカルチャーは、世の中に対して中指立てるような内容とイメージがあったりするわけです(笑)。「ラッパーの人って態度悪いよね」と言われることもあるし、実際そういう人もいる。人に対して失礼な態度って、僕は思うに…。もっと人と出逢いたい、もっと色んな仕事をしたい、もっと人と音楽を創っていきたいと思う時に妨げにしかならない。そういうの、もう一切要らないなって。あとデビューしたての頃、長年憧れていた大物DJに逢える機会があったのですが、その人に握手を求めたら完全無視されたことがあるんです。ファンに対して何故そんな態度を取れるんだろう?と。そんなこと全くする必要無いのに。その時、「これから先、自分の知名度が上がろうとも、肩書きに関係なく、逢ってよかったと思われる人になろう」と決めたんです。

レコーディング

 他にも、大切にしているプリンシプルや習慣にしていることはありますか?

“チャンスは貯金できない”といつも思っているんです。人の出逢いがまさにそれ。もし逃してしまったらそれっきりです。チャンスを逃さないためにフットワークを軽くすることは、意識して実践しています。これはちょうど昨日の話なのですが、昨日はクインシー・ジョーンズさんの来日コンサートが行われ、日本のアーティストも数多くゲスト出演し、僕もステージでライブアクトをさせて頂くという素晴らしい体験をさせて頂いたんです。コンサート後、主催側の方に「この後、日本のカラオケにみんなが行きたがってるんだけど、アレンジできる?」と相談されて、夜中の1時過ぎから20名以上のご一行様のアレンジを。正直、家に帰ってコンサートの余韻にひたっていたら気持ちいいんでしょうが(笑)、そういう時こそ、その先には絶対グッドタイムが待っていると僕は考えるわけです。案の定その通りでクインシーさんと仲間のメンバーとで朝まで(笑)、本当にいい時間を過ごせた。そんな機会なんて無いじゃないですか。僕がフットワーク軽くしておいて良かったという着地ではなくて、こういう場に80歳の、それも神様のような存在のクインシーさんが来て、孫のような世代とフラットに楽しむその行動力やハートの温かさに感動したわけです。何でもそうですが、行くまでが面倒くさくても、行った先には楽しくて有意義なことが待ってるんですよ。

HIGHFLYERS

 年やキャリアを重ねると、保守的になることもありますが、VERBALさんはますます柔軟に、積極的になってる感があります。

積極的であるために、刺激を受ける人たちと常に一緒にいるようにするようにしています。クレバーで、自分ができないことをできる人たちと接することは、すごく大切。アドバイスをもらえて向上できるし、新しい意見が交流することで風とおしの良い状態でいられるので。その逆で、負のループに巻き込もうとする人とは距離をおくようにしています。「立ち直らせることできるんじゃないか?」と参入したくなる性分ではあるんですが、人って、行動は変えられても、内側は基本変わらない。「タイミング合えばまたやろう。別のアングルでサポートすることもできるし」ぐらいのスタンスでいるようにしてます。「ポジティブなことだけに集中している人に出逢っていきたい」という考え方に切り替えたら、そういう人たちばかりに出逢うようになってきましたね。

 中でも印象的な出逢いとは?

“出逢い運”。これは僕はすごい恵まれていて。本当に沢山の素晴らしい方々とお仕事させて頂いてきたなと。例えば、NIGOさんとの出逢いを通して、ファッション観と人生観に大きな影響を受けました。ご自身は、シンプルに好きなものを膨大に収集されている訳ですが、それをエンターテイメントに昇華して、さらにマーケティング手法を確立させ360度全方位で話題性を創出している。LDHの代表であるEXILEのHIROさんの人間力も凄い。ダンス=著作権が取れないという現状で、先が不透明だったダンサーの人たちのために明確な答えを差し出して産業化させた。ストリートカルチャーをメジャーシーンに持ってきたわけですから。表に名前が出てる方々ばかりでなく、m-floとして僕らがデビューするきっかけを創って下さった事務所の社長や、デビュー当時から変わらず僕らを激プッシュしてくれた兄貴的な方のサポートがあって今がある。実体のわからない時に支えてくれた人たちとの絆は本物。心から感謝しています。

 人との出逢いと同じレベルで大切にしている言葉はありますか?

すごいベタですが“LOVE=愛”です。愛が無いと何も生まれないし、音楽でもデザインでも、愛が無いと続けられない。結婚生活も同じで、数年経ち恋のウキウキ感は無くなっても(笑)、愛があるとそれ以上の豊かな関係性が築けられる。それもPART LOVEじゃなくてLOVEになると、想いでもクリエイションでも、大気圏突入して永遠に続けられるなって。

HIGHFLYERS

 最後に。夢をカタチにして人生を愛したいと願う人たちにメッセージをお願いします。

人って、必ず好きなものがあると思うんです。それは他人からしたら、また自分自身でもどこかで下らないと思っているかもしれない。でも、そのシンプルに好きなことこそが、アナタのフレイヴァーやテイストになります。それを趣味のままにするか仕事にするかはその人次第ですが、もし「楽しそうだけど面倒くさいし」と思っているのなら、夢をカタチにする楽しさは永遠に味わえないと思います。そしてまた、仮に自分のフレイヴァーがわかっていて、センスに自信を持っていたとしても。「僕、私にはセンスがあるのだから、あとは自分ひとりで全てできる」と完結していたらそれはちょっと違う。せっかくの素晴らしいセンスやクリエイションがあっても、人の目に付かなければ自己満足で終わってしまうから。「ひとりでは出来ない」とわかってる人でいたいと僕自身は思っています。元々自分の中にあったものは、外部の刺激に触れて開花する。そして、その開くチャンスは、待ってるものではなく自分の足で迎えにいくものだと思います。

1
 
2
 
3
 
4
 

ARCHIVES