HIGHFLYERS/#26 Vol.4 | Dec 14, 2017

野沢直子は一番の成功者。どんなにいい仕事を手に入れても、自分が明るく笑っていられなければ成功とは言えない

Text: Kaya Takatsuna / Photo: Atsuko Tanaka / Cover Image Design: Kenzi Gong

清水ミチコさんインタビュー最終回は、チャンスと成功、そしてこれからの夢についてを伺いました。清水さんは、今も家族ぐるみで親交のある野沢直子さんがいつも楽しそうに生きている様子を見て、彼女は成功者だとおっしゃいます。そして人生のチャンスだったことを振り返って、今は亡き永六輔さんのことや芸人のマルセ太郎さんと交わした言葉を聞かせてくださいました。また日常生活で習慣にしているピアノのこと、そしてヨガや料理、ダイエットについてもお話してくださいました。
PROFILE

タレント清水ミチコ

岐阜県高山市出身。学生時代よりラジオ『オールナイト・ニッポン』、雑誌『ビックリハウス』等に投稿。1983年、ラジオ番組の構成作家を始める。次第に出演機会も増え、翌年からはテレビCMの声のキャラクターを務め始める。1986年、渋谷ジァンジァンにて初ライブ。1987年、フジテレビ系『笑っていいとも!』レギュラーとして全国区デビューを果たす。また、同年12月発売『幸せの骨頂』でCDデビュー。翌1988年スタートの『夢で逢えたら』にはダウンタウン、ウッチャンナンチャン、野沢直子とともにレギュラー出演、「伊集院みどり」のキャラクターが大ブレイク。以後、独特のモノマネと上質な音楽パロディで注目され、テレビ、ラジオ、映画、エッセイ、CD制作等、幅広い分野で活躍中。毎年の武道館単独公演も恒例となっている。近著に酒井順子氏とのリレーエッセイ集『芸と能』(幻冬舎)、『顔マネ辞典』(宝島社)、CDに『趣味の演芸』(ソニーミュージック)、DVDに『私という他人』(ソニーミュージック)などがある。

「これイケるな」って予感に満ちた時が、その人にとってチャンス。永六輔さんの笑い声やマルセ太郎さんの言葉を今でも思い出す

女優やエッセイストとしてのお仕事もされていますが、バランスをとってそれぞれのお仕事をやられているのですか?

いや、私としてはモノマネのライブって、テレビでやるのとはまた違った魅力があると思っているのね。だからモノマネに関しては、ライブはテレビでやるよりも時間をかけてたっぷり楽しみます。女優としての活動は年に1本か2本ですね。でも芸事はやっぱり好きなので、ニーズがある限りは続けるつもりです。

その間にエッセイを書いていらっしゃるのですね。高校生の頃から書いていると伺いました。

そうそう、頼まれてもないのにね(笑)。書くことは凄く好きですね。

面白くエッセイが書ける才能は、どういうところにあるのですか?

プロじゃないからある意味無責任に書けるっていうところじゃないですかね。もしこれで食べていくとなると、もう少し慎重で真面目なのしか書けなくなると思いますけど、タレントでお笑いの人が書いてますっていうので責任が軽いんだと思います。

座右の銘や好きな映画などあったら教えてください。

座右の銘は、「隣人は芸の肥やし」。好きというよりも最多数観た映画は、「ゴットファーザーパート2」ですね(笑)。もともとブルース・リーの「燃えよドラゴン」が大好きだったんですけど、田舎の映画館だったからゴットファーザーと燃えよドラゴンが同時上映だったんです。でもその後、燃えよドラゴンの再放送をテレビで観たとき、「何がそんなに良かったんだろう」って笑っちゃいました。反対にゴッドファーザーは何回観ても面白くて、「あれ、私ゴッドファーザーの方が好きだな」って(笑)。

普段習慣にしていることがあったら教えてください。

ピアノは毎日、短くても30分は弾きます。食べることは今も好きで、高級レストランもいいけど、地方に行った時は道の駅に寄って地元の方が作っているものを買いますね。でも太りがちなのでダイエットはいつもしていて、カロリー計算まではしないけど、毎日体重計に乗るようにしています。あと、週2日くらいはヨガに行きます。

ピアノはいつも決まった曲を弾かれるのですか?

これを一冊やればきっと上達するっていう本はありますけど、疲れて帰ってきた時にはやりたくない。適当に弾いてるうちに元気になって、「あー、気持ち良かった」っていう気分で眠るために弾くことが多いですね。ピアノは夜に弾くことが多いんです。矢野顕子さんに「ピアノを弾くと機嫌が良くなるものですね」って話したら、矢野さんは、怪我も早く治るって。すごいですね。脳みそからなんか出るんでしょうね、きっと。

ヨガをやって何か変化はありましたか?

精神的なものが大きいです。「自分はこういう時間を持ってるんだ。忙しいだけじゃないぞ」っていう気持ちになると自信もついてきますしね。あとは料理が好きなので、家に帰ってきてかんぴょうとか切り干し大根を水につけるだけでもいいので、ちょっとキッチンに立ってなんかしたいんです。

それでは、清水さんにとって“チャンス”とはどんなことだと思いますか?チャンスと聞いて思うことやチャンスを逃さない方法などあれば教えて下さい。

チャンスってなんなんだろう…。宝くじしか思い浮かばない(笑)。難しいなぁ。私が女性だからそう感じるのかもしれないけど、「これイケるな」って予感に満ちた時が、その人にとってチャンスなんじゃないですかね。「ダメかも」って思いながら番組に出るとやっぱり落ち込んでしまうことがあるけど、「絶対大丈夫、気負けしないぞ」って思って出ると一応爪あとを残せる時が多いですね。

ご自身を振り返ってみて、これが人生を決めた大きなチャンスだったなと思うことはありますか?

駆け出しの頃に渋谷ジァンジァンでやったライブで、永六輔さんが大きく笑ってくれた時のことはすごく良く覚えています。あれを思い出すと今でも背中を押してくれる感じがするんです。メンタル的にも頑張ろうって前向きな気持ちになれますね。あと、芸人のマルセ太郎さんが同じく渋谷ジァンジァンに出演したのを観に行って、帰り道を一緒に歩いた時のこと。マルセさんに「君、これからどうするつもり?」って聞かれて、私は「こういう業界は面白いと思ったのでやってみますけど、結婚もするところなので、楽しかったらやろうと思うし、楽しくなかったらやめようと思います」って思ったことを正直に言ったんです。そしたらマルセさんに、「そんなに甘いもんじゃないんだよ。拍手と笑い声をもらった快感なんて、人間忘れられないんだから。これこそドラックみたいなものだから、やめられないよ」って言われたんですが、確かにそうでしたね。

それでは、清水さんにとって成功とはなんですか?

成功とは何か?私っぽくない質問ですね。なんだろう。やりたかったことが叶った時ですかね。もうネタも尽きたし無理だと思っても、書いてみたら書けて、ライブでやったらウケたというときは、やっぱり成功したって思いますよね。でもたとえ成功したって思っても、「ありがとう!!」じゃなくて、「あ、面白かったの?」っていう感じで成功しましたって顔はしないです(笑)。

人生においての成功はどうでしょうか?

やっぱりメンタル的に明るく笑っていられることじゃないですかね。例えば、「夢で逢えたら」に出演していた時のように、いくら周りの人に伊集院みどりが最高だと言われても、自分は足手まといになっているんじゃないかっていう思いがあったら不成功なんですよ。だからやっぱり自分に克つことですね。人間っていうのはマイナスに考えるほうが得意なんですってね。だとすれば、マイナスじゃなくてプラスに持っていけることも成功なんじゃないですかね。どんな仕事でもどんなにうまく行ったとしても、自分が元気じゃなければ何の成功でもないと思うんですよね。

清水さんから見て、この人は成功してるなと思う人はいますか?

野沢直子さんじゃないですかね。ビジネス的にも、夏だけ日本に戻って働いて、あとは自由に暮らしていて、今凄く幸せそうじゃないですか。彼女は昔から、落ち込んだ時も不機嫌な時もそういう態度や様子を一切表に出さずにきたんですよ。それはやっぱり勝ちだし、成功の元だと思いました。売れっ子の人でもやっぱり疲れていたり、次の人に追い抜かされそうだとビクビクしていたりする人も多いと思います。やっぱり芸能界は、向き不向きがあるんだなって思いますね。

ちなみに野沢直子さんの娘さんはキックボクサーなんですよね。

そう、小さい頃から本当に強い子で。彼女がまだ5歳くらいの頃、うちに来た時に、同じく遊びに来ていた三谷幸喜さんに向かってずっとホースで放水したことがあったんですよ。あれは凄かったです。他にもたくさん人がいる中で、三谷さんに狙いを定めちゃって。あんなに人に放水する人間を見たのは初めてでした(笑)。

今回、お話を色々聞かせていただいて、清水さんは、とにかく目の前のことを夢中でやってきて、気づいたらやりたいことを実現させていたという感じを受けました。

そうですね。とりあえず目の前にあることをやり続けて、ご褒美があったという感じですね。毎日モノマネをやったり、ピアノを弾いたりすることはもう性分です。こういう仕事をしてるから今は成功者みたいにしゃべってますけど、もしこうなっていなかったら、ちょっと変なオバさんって感じなんだと思います。おそらくカラオケによく通っていたでしょうね(笑)。

最後にまだ叶っていない夢があったら教えて下さい。

またいつか海外でライブをやってみたいです。そう言えば10年ほど前に香港でラジオ番組に出た時、香港でも有名なアグネス・チャンのモノマネをしたら、笑うどころじゃなくて、すごいびっくりした顔で見られました(笑)。海外にはモノマネという芸風があまりないらしいんです。あと、夢ではないですけど、本物が先に出ないとモノマネはできないから、まずは世界的に有名な日本人アーティストが出ますようにと願っています。

1
 
2
 
3
 
4
 
 国民の叔母 清水ミチコのひとりジャンボリー

「 国民の叔母 清水ミチコのひとりジャンボリー」

ツアースケジュール

2017年
  • 11月03日(金・祝) 神奈川/相模女子大学グリーンホール 17:00開場/17:30開演
  • 11月12日(日) 岡山/倉敷市芸文館 15:30開場/16:00開演
  • 11月21日(火) 鹿児島/宝山ホール 18:00開場/18:30開演
  • 11月26日(日) 新潟/りゅーとぴあ劇場 15:30開場/16:00開演
  • 12月01日(金) 広島/広島NTTクレドホール 18:00開場/18:30開演
  • 12月08日(金) 北海道/わくわくホリデーホール 18:00開場/18:30開演
  • 12月10日(日) 宮城/東京エレクトロンホール宮城 15:30開場/16:00開演
  • 12月16日(土) 大阪/大阪国際会議場 グランキューブ゙大阪メインホール 15:15開場/16:00開演
  • 12月22日(金) 沖縄/浦添市てだこホール 大ホール 18:30開場/19:00開演
  • 12月24日(日) 福岡/福岡市民会館 15:30開場/16:00開演
  • 12月26日(火) 愛知/名古屋市芸術創造センター 18:00開場/18:30開演
  • 12月27日(水) 静岡/静岡市民文化会館 中ホール 18:00開場/18:30開演

「 国民の叔母 清水ミチコのひとりジャンボリー~祝 武道館5回目スペシャル~」

5回目の武道館公演、年末に開催決定!

2017年
  • 12月 30日(土) 日本武道館 15:00開場/16:00開演
    【問】キョードー東京 0570-550-799 チケット(税込)/指定席(お土産付) 6,500円

「 国民の叔母 清水ミチコのひとりジャンボリー RETURNS」

ツアースケジュール

2018年
  • 2018年2月4日(日) 岩手/盛岡市民文化ホール 大ホール 開場15:30/開演16:00
    【問】キョードー東北022-217-7788
  • 2018年2月9日(金) 埼玉/さいたま市民会館おおみや 開場18:00/開演18:30
    【問】ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-999
  • 2018年2月23日(金) 秋田/秋田市文化会館 大ホール 開場18:00/開演18:30
    【問】キョードー東北022-217-7788
  • 2018年3月2日(金) 千葉/千葉県文化会館  開場18:00/開演18:30
    【問】ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-999
  • 2018年3月10日(土) 愛知/名古屋市芸術創造センター 開場15:30/開演16:00
    【問】サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
  • 2018年3月11日(日) 兵庫/神戸国際会館こくさいホール 開場15:15/開演16:00
    【問】サウンドクリエーター 06-6357-4400
  • 2018年3月23日(金) 青森/リンクモア平安閣市民ホール 開場18:00/開演18:30
    【問】キョードー東北022-217-7788
  • 2018年3月30日(金) 東京/中野サンプラザ 開場17:45/開演18:30
    【問】キョードー東京 0570-550-799
  • 2018年3月31日(土) 東京/中野サンプラザ 開場14:15/開演15:00
    【問】キョードー東京 0570-550-799

チケット/全席指定¥5,800円(税込)
詳しくは清水ミチコホームページ 4325.net まで。

<2次先行予約受付詳細>

  • 受付URL:http://eplus.jp/4325hp2018-2/
  • 受付期間:2017年12月1日(金)12:00〜~2018年1月4日(木)18:00
    ※ 先着順となります。予定枚数に達し次第受付終了となります。尚、お座席は抽選となります。
    ※ 注意事項をご確認の上お申し込み下さい。
    ※ 毎月第1・第3木曜日2:00-8:00はメンテナンスの為、全ての受付が不可となります。

ARCHIVES