IMPRESARIO KEYS
#1 | Jan 24, 2017

世界大会2連敗後、6連勝に導いたコーチング [格闘家・菊野克紀]

Text: Ryosuke Takai / Photo: Atsuko Tanaka

新コーナー「IMPRESARIO KEYS(インプレサリオ・キーズ)」では、思い悩んだ時の突破の方法や人生を切り拓くための方法を人間開発の技法「コーチング」を用いて紹介する。コーチングとは、心理学やカウンセリング理論に基づく対話による手法で、クライアントの自発的な行動を促すコミュニケーション技法のことである。 現在、コーチングを活用している現役アスリートなどにご登場頂き、抱えていた悩みは何だったのか、コーチングという技法を利用することで、自分にどんな変化が起こったのか、また、それによって何を得ることが出来たのかを語っていただく。

記念すべき第一号にご登場頂くのは、格闘家の菊野克紀選手。華々しい戦績後、世界大会のUFCで2連敗してしまったのをきっかけに、元々知り合いだったコーチからの薦めでコーチングを受ける。その結果、漠然とした「勝ちたい」という気持ちが、自分を苦しめていたことに気付き、それを改善することで6連勝(2017年1月現在)することが出来た。その改善方法とは何だったのか、また、菊野選手が経営する会社の問題へのコーチングなど3つの事例を用いて、読者の皆様にも活用頂ける様、菊野選手のコーチングを務めたAll Days Sportsの阿部健二コーチの説明を含めて解説していく。
PROFILE

格闘家菊野克紀

1981年10月鹿児島県鹿児島市生まれ  極真空手仕込みの鋭い打撃と柔道で培った身体バランスの良さに定評がある。中でも、前蹴りとミドルキックの中間の軌道で蹴り込む「三日月蹴り」を得意とする。中学・高校時代は柔道部に所属。高校3年の時に格闘家を志し、卒業後極真会館(松井派)鹿児島県支部に入門、5年間空手の修行を行い、木山仁(第8回全世界空手道選手権大会王者)らの指導を受ける。4年間の内弟子修行を経て23才で上京。 その後、高阪剛が代表を務めるジムのアライアンスに入門。DEEPやDREAMで活躍後、2014年にアメリカの総合格闘技団体UFCと契約。2016年4月にUFCとの契約が解消。同時期に11年間籍を置いたアライアンスを離れ、現在は所属フリー。格闘技の世界一を目指すことと並行して自身のマネージメント会社である『株式会社KOKKI(コッキ)』を経営。 菊野克紀オフィシャルウエブサイト

メンタルコーチ阿部健二

2012年9月から2013年3月、(株)チームフローでコーチングを学び、7月に独立、7月から2014年2月までスノーボードナショナルチームのメンタルコーチを3年間務めた柘植陽一郎氏のメンタルコーチとして約半年間サポート。 2015年9月に合同会社All Days Sportsをメンタルコーチ3人で設立、代表社員を務める。選手のメンタル・本番発揮力、チームのコミュニケーション・チームビルディング、親子のコミュニケーションを専門としている。

【問題を可視化させ、認知を変える】~「不安って何?」を理解してポジティブな道へ歩み出す方法~

『不安な自分は不安な理由を教えてくれる存在』

総合格闘技界トップの団体であるUFC(Ultimate Fighting Championship)と契約し、試合に出場するも、2015年に2連敗してしまった菊野選手。コンディションは良くて自信も十分あったにも関わらず、3月に行われた1試合目は1R 1分31秒KOで敗北し、9月に行われた2試合目では29秒で負けてしまった。自分にはもう格闘技は続けられないのではないかと深く思い悩んだそうだが、コーチングに出会い、手法を取り入れたことで、6連勝を果たしている(2017年1月現在)。コーチングを通して菊野選手にどんな変化が起こったのだろうか。

菊野選手はどんな少年でしたか?

僕は昔から基本的に泣き虫で弱虫のビビリなんです。体は強いのに心が弱かったので、自分より弱い相手をいじめていました。そうしたら、逆に無視されていじめられた経験があります。そんな弱い自分が嫌でとにかく強くなりたくて、ドラゴンボールの孫悟空のようなヒーローにずっと憧れていました。

中学1年生、初めて柔道着を着た時

格闘家になろうと決めたきっかけは何だったのですか?

高校3年生のインターハイ予選で優勝候補として出場しながら、2回戦で1年生に負けてしまい、落ち込んでいました。そして部活を引退して周りは受験モードになる中、僕には夢も目標も無く、不安と焦りでとても苦しい時期を過ごしていました。そんな時に親友2人が「俺らコンビを組んでお笑い芸人になってビッグになる!」と目をキラキラ輝かせて夢を語ってきたんです。あまりの驚きと悔しさに、走馬灯のように自分の中を駆け巡り見つけた夢や目標に対する答えは、やっぱり「強くなりたい」でした。当時、総合格闘技のPRIDEが強さの象徴だったので、「俺は格闘家になる!」とその場で親友に宣言しました。たった数分の出来事でした。

その後は、 どの様にして、プロの格闘家になられたのですか?

まずは鹿児島で空手の世界チャンピオンの木山仁選手(第8回全世界空手選手権大会王者)に師事し、5年間修業しました。2005年、23歳の時に上京し、ALLIANCE-SQUAREに入り、総合格闘家として活動し始めたんです。DEEPやDREAMなどへ出場し、世界中の格闘家達と闘いました。

2007年「DEEP 29 IMPACT 」 VS.上小園琢大 判定勝ち 

2009年 「DREAM.10 ウェルター級グランプリ 2009決勝戦」 VS.アンドレ・ジダ TKO勝ち

コーチングはどの様なきっかけで受けることになったのですか?

その後、 2014年に野球で言えばメジャーリーグ、サッカーで言えばセリエAのような世界トップの団体であるUFCと契約し、UFC主催の試合に出場したのですが、2015年に2連敗してしまい、初めて大きな挫折を経験しました。勝たないと中々次の試合に出してもらえないので、それから9ヶ月間ずっと試合に出れなかったんです。その時に、前から知り合いだった阿部コーチにコーチングを受けてみないかとオファーを頂きました。

抱えていた問題

『調子は良いのになぜか勝てない。自分には、もう格闘家は無理なのでは?』

UFCで2連敗した時は “絶対に勝ちたい!”という結果に対する思いが強かったが故に試合時に攻撃に出られない現象が起きてしまった。

菊野選手: これでもかと努力して、調子も良いのに結果が出ない。「俺、もう無理なのかな?」と引退を考えるぐらいまで落ち込みました。なんで勝てないのかが自分でも分からなかったんです。目標の格闘技世界一になるのは無理なのかなと弱気になると同時に、収入の面でも苦しかったです。借金もしましたので人生で初めて不安で眠れない日がありました。

2015年「UFC Fight Night: Barnett vs. Nelson」 VS. ディエゴ・ブランダオン TKO負け

解決方法

『「勝つ」ことに拘るのではなく、自分の一番調子の良い時の感覚にフォーカスした』

最初はコーチングを通して 、「なぜ勝てないのか?」ではなく、「なんで勝ちたいのか?」、「どうやったら勝てるのか?」に意識を向けるようにしたと語る。そして、「勝つ」ということを一旦手放し、「自分の良いところ」や「良かった時」はどのような感覚だったかということにフォーカスを移していき、実際に身体を動かしながらその時の意識状態に戻って、五感の働きを再現化していったそう。「なぜ自分はダメなんだ?」という自己否定から、「今何が出来そう」で、「何がしたいのか」と自問自答することで思考を自己肯定に切り替えていったことが大きな起点となった。

菊野選手:試合に負けて不安に苛まれている時、コーチから“不安な自分は不安な理由を教えてくれる存在”という言葉をもらい、すごく救われました。今までずっと不安な自分と戦っていたけど、この不安な自分こそが僕に必要なことを教えてくれるんだって解釈が出来て。なんで不安なのかを考えていくと、「あ〜、この練習していなかったなぁ」と理由が分かったので、その練習を実際にやっていくと不安な自分が自然と消えて、強気な自分になっていきました。

得られた結果

『「不安」は自分の足りない部分を教えてくれる味方だと捉えることで、マイナスなストレスが無くなり、次の試合に向けて前向きに努力する意欲に繋がった』

勝つことへの執着を手放してから不安な自分も受け入れられるようになった菊野選手。新たに視界が開けたことで、プレッシャーに押し潰されなくなり、今まで手をつけていなかった練習を一つひとつ開始したそう。不安と戦う代わりに、何をするべきかに集中し、行動するようになった。

菊野選手:不安な自分が教えてくれることに目を向け始めてからは、 “今までやろうと思っていて、やってこなかったこと”を率先して行うようになりました。すると、気が付いたら負担なく自然に行動していて、気持ちの部分もプラスに変化していきました。今までは、不安な自分に押し潰されそうになり、精神的にも肉体的にも自分の中で葛藤を起こしていたのですが、 認知が変わったことでそんな葛藤もなくなりましたね。今何をするべきかに集中しているから、気づいたら行動しているんです。具体的に行った練習は、ランニングによるスタミナ練習やキックボクシングのスパーリング、瞬発力・敏捷性・バランス力・反応反射などのフィジカルトレーニング等をやりました。

コーチ補足

『問題を「可視化させる」。そして、負の要素の「認知を変える」』

阿部コーチ:なりたい自分や、理想の未来に向かうために、問題を可視化させて負の要素の認知を肯定的な認知に変えることは、メンタルを鍛える上で極めて重要な作業です。コーチングを始めた当初、菊野選手は「ビビった弱い自分」と「勝たなきゃいけないこと」に常に執着していました。不安が何かを可視化するために、ホワイトボードに書き出してもらい、なぜ不安に思うのかを確認していくと、練習をしていなかったことから不安な感情が生まれていたことが分かったのです。そこで、それらの不安を“自分に今必要なものを提示してくれるもの”と認知を変える様にコーチングしました。

次は、今までで一番視界が開けたコーチングについて

1
 
2
 
3
 

ARCHIVES